• TOP >
  • 会長挨拶

会長挨拶

「若い力を地域のために」

能代山本雇用開発協会 会長 相原 文人

 能代山本地域で、今春に高校を卒業した方の就職状況は、就職希望者213人(県内130,県外 83)全員の就職内定となりました。その中で、能代山本地域への就職は94人と僅かではありま すが前年比増となりました。来春の就職動向につきましては、卒業予定者数の減少に伴い、就職希望者も減少しております。しかしながら地元企業の求人は堅調であり若い人材を一人でも 多く確保すべく、求人活動を積極的に取り組んでいるところです。

 さて、皆さんはこれから就職活動をスタートするわけですが、この機会に是非考えてみてほ しいことがあります。それは「働く意味」・なんのために働くのかということです。日本は豊か になり、皆さんは職業や生き方も自由に選択できるようになりました。数ある企業の中から自 分に向いている仕事、自分がやりたい仕事、言い換えれば自分がやりたいこと、好きなことを 仕事にすればいいわけです。ところが現実は迷いの中にあるのではないでしょうか。そもそも 本当に「自分がやりたいこと、好きなこと」って何なのか簡単にわからないから困っているの だと思います。職業経験がほとんどない皆さんならなおさら「本当にやりたいこと」をわかる ほうが稀有なのです。その答えを導き出す一つの提案として、より積極的にインターシップ、 デュアルシステムに参加していただき、職場体験や仕事の中身を見ていただきたいのです。「百 聞は一見に如かず」とあるがごとく、皆さん自身にとってこれからの就職活動に貴重な道標と なり、有意義な選択の材料になると確信しております。与えられた仕事を一生懸命に取り組ん だら、興味が湧いてきて面白くなり好きになったといった場合も多いのです。「やりがい」を見 つけられることも可能です。

 又、仕事には当然その対価としてお金をもらう、「働く=お金」という意味があります。地元 企業に対して将来性、待遇面、安定性においては不安を感じている部分があるかもしれません。 しかしながら若し仕事そのものに大きな喜びや充実感を得られるものに自らを変えていく、求 めるものではなく創り出していくことができたならば、皆さん自身の中に答えがなく漠然とし ていた「働く意味」を見出すことが出来るのではないでしょうか。そして皆さんの若い力が地 元企業に活力と飛躍のチャンスをもたらし、更には地域の活性化に役立てていただけるものと 信じており、期待するところです。

 ここに掲載されております企業は、ほんの一部でありますが、ご自身の希望、適性の合致し た生き甲斐のある職場を選択するための指針として存分に活用していただければ幸いに存じま す。我々のふるさとは海と山に囲まれ、自然に恵まれた、四季の移ろいを身近に感じることが できる町です。就職の場として、家族、仲間と暮らす場として、見つめ直してみて下さい。最 後になりましたが、前向きな気持ちで就職活動に取り組めば、道が開けるはずです。皆さんの 就職活動が成功することを願って止みません。

  • 求人一覧
  • 入会申込み